“ルリヨシノボリの顔” への 2 件のフィードバック

  1. 一時期、色を失った橙葦登も水槽内で暴れまくっています。
    色が戻ってから益々、盛んです。
    空蝉鰍や仏泥鰌と同居ですが、その暴れっぷりは雲泥の差です。
    単独飼育に踏み切ろうかな…。
    メダカを攻撃しまくってキラー・クゥと命名した葦登は泥鰌帝国で同居種類が増えたら、温和しくなりました。
    橙葦登は攻撃的だといわれますが、環境なのか?個体差なのか?

    1. トウヨシノボリは飼育経験がないのでいつか採取して観察したいと思っているのですが、あんまり暴れん坊だと困っちゃいますね。水槽内は平和なのが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です