Nexus7にインストールするアプリ

Nexus7(2013)が修理から返ってきたら、忘れずに以下のアプリをインストールすること。 > 自分

  1. スマートステラ (天文シミュレーション。絵は美しいんだけど、夜に使うならGoogle Skyマップの方かな。)
  2. ジーニアス英和・和英辞典 (辞書。)
  3. マップ (地図、ナビゲーション。Googleアカウントで全端末が同期するのが便利。)
  4. Googleカレンダー (スケジュール管理。Googleアカウントで全端末が同期するのが便利。)
  5. Google認証システム (Google2段階認証用のコードを生成する。)
  6. Adobe Reader (pdfファイルビューア。)
  7. Amazon Kindle (Kindleビューア。)
  8. ANA (全日空。搭乗する便を変更したり、席を窓際に変更したり。搭乗は別にfelica搭載端末を使う。)
  9. AquaMail Pro (複数アカウントが使いやすいメーラ。Android標準メーラで文字化するメールがちゃんと読める。)
  10. ATOK (日本語入力。ジェスチャー入力が便利。)
  11. Chrome (Webブラウザ。Googleアカウントで全端末が同期するのが便利。)
  12. Dropbox (ファイル同期。全端末が同期するのが便利。)
  13. Endomondo PRO (トレーニング管理。Endomondoサーバと同期するのが便利。)
  14. ES ファイルエクスプローラー (ファイラー。)
  15. Facebook (SNS。)
  16. FlashAir (東芝FlashAirから写真を取ってくるのが楽。)
  17. Flightradar24 Pro (航空機のトラッキング。疲れた時に眺める。)
  18. foobar2000 controller PRO (Windows音楽プレーヤーfoobar2000のリモコン。)
  19. Google Skyマップ (天文シミュレーション。画面が縦横オッケー、夜間モードが目に優しい。)
  20. Google Keep (メモ、付箋。Googleアカウントで全端末が同期するのが便利。)
  21. LINE (チャット、ネット電話。)
  22. MarineTraffic (船舶のトラッキング。疲れた時に眺める。)
  23. MX動画プレーヤー (動画プレーヤー。標準プレーヤーで見られない形式のファイルも再生できる。)
  24. PCM録音 (レコーダー。)
  25. Perfect Viewer (コミックスビューア。非常に使いやすい。)
  26. PS Touch (フォトレタッチ。買ったけどほとんど使わない。)
  27. QRコードスキャナー (QRコードを読み込む。)
  28. radiko.jp for Android (ネットラジオ。)
  29. RealCalc (関数電卓。)
  30. Satelite AR (人工衛星のトラッキング。ISSを探すときに使う。)
  31. Skype (チャット、ネット電話。)
  32. SmoothJazz.com (ネットラジオ。)
  33. Twitter (SNS。)
  34. Youtube (SNS。)

ドクターグリップ 0.9mm リフレッシュ

「PILOT ドクターグリップ 0.9mm(以下、ドクターグリップ)」の芯送りが渋かったのが、他機種からパーツを流用することで解消できました。ことある毎に流用目的でいろいろな0.9mmを物色してきたのですが、「PILOT Vega(以下、Vega)」が当たりでした。

NIKON D300S-20140306-_DSC1292

上がドクターグリップ、下がVegaです。機能的な違いではVegaにはフレフレ機構がありません。Vegaは廉価版0.9mmシャープペンという印象です。

早速、分解して比較してみます。

NIKON D300S-20140306-_DSC1325

芯送りに重要な役割を持つ芯チャック・チャックリング・スプリング部分(左がドクターグリップ、右がVega)です。寸法に微妙な違いがあります。特にスプリングはVegaの方がかなり強くなっています。もしかするとフレフレ機構が使えなくなるかもしれません。むしろドクターグリップはフレフレ機構があるせいでスプリングが強くできず、作動不良になり易いのかもしれません。

NIKON D300S-20140306-_DSC1332

芯戻り止め(左がドクターグリップ、右がVega)は見たところほぼ同じですが、ドクターグリップの方は穴が広がってしまっています。これも作動不良の原因でしょう。

NIKON D300S-20140306-_DSC1307

芯タンク(上がドクターグリップ、下がVega)はチャックリングから芯タンク後端までの長さがVegaの方が2cmぐらい長いです。

NIKON D300S-20140306-_DSC1327

芯タンクの余分な部分はパイプカッターでカットしました。

最後に各部パーツを入れ替えてやると問題なく組み上がりました。芯送りも確実に動作します。予想通りではありますが、スプリングが強くなったことでフレフレも強く振ってやらないといけなくなってしまいました。それを差し引いても、壊れても直せるようになったことは非常にメリットが大きいです。

ちなみに口金さえどうにかできれば、ドクターグリップ 0.5mmにVegaを流用して0.9mm化ができますね。