ヒメイカの捕食

ヒメイカがイサザアミを捕らえる瞬間です。動きが素早くて判りにくいのですが、よーく観察していると2本の長く伸ばした触腕で両サイドから挟むようにして捕らえた後、残りの腕でがっちりホールドしています。

 

ヒメイカの産卵!

いつものように水替えをしたら、どういうわけか、ヒメイカが産卵を始めてしまいました。

20090413-1280x1280-_DS21585ちょっとずつ前進しながら卵を産んでいきます。

20090413-1280x1280-_DS21666目を凝らして観察しましたが、どのように卵が出てくるのか、どのようにアマモに付けているのか、は良くわかりませんでした。

20090413-1280x1280-_DS21593産卵する卵は頭部に詰まってるんですね、透けて見えます。

20090414-1280x1280-_DS21681産卵が終わったところです。体力を使い果たしたのでしょうか、腕を伸ばしてしばらくは卵の側から離れませんでした。

20090414-1280x1280-_DS21679アマモの葉幅いっぱいに約7cm程の範囲にびっしりと卵を産み付けました。30分ほどの出来事でしたが思わず見入ってしまい水槽の前から動くことができませんでした。


残念ながら傷んだアマモだったので孵化するまでにはバラバラになってしまいそうです。ギリギリまで待って、ダメだったら解して卵の数を数えることにします。

ヒメイカの産卵

20090413-1280x1280-_DS21563ヒメイカが産卵していました。アマモの葉に産み付けられた卵はゼリーのようなものでおおわれています。残念ながらアマモがかなり傷んでいるので孵化する前にバラバラになってしまいそうです。ぎりぎりまで待ってダメだったら解して卵の数を数えてみることにします。

案外とヒメイカの一生はサイクルが早そうです。