お魚撮り用レンズ

カメラに併せてレンズも新調してしまいました。もちろん金欠なので買い足しではなく入れ替えです。

20100328-1280x1280-D300s_000122お魚撮り用にマクロレンズ「AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G (IF)」です。他社の同焦点距離マクロレンズと比べるとただでさえ大きいのに、その上、巨大なフードが付属して来てうれしい (;.;) です。

カメラがDXフォーマットのD300sなので「AF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VR」と悩みましたが、お魚相手だと少しでも対象から離れて撮りたいので105mmにしました。それでも撮影倍率1:1で撮ろうとするとワーキングディスタンスは約20cm、水槽手前にいる魚に限られてしまいます。

20100328-1280x1280-D300s_000125今までお魚撮り用に使っていた、画角も最大撮影倍率も同じ「Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8S※」と比べてみると、前玉径はほとんどかわらないのに二回り太くなってしまいました。全長がフォーカス位置によって変わらないので、最短撮影距離なら幾分か短くなります。が、フードが巨大なので相殺です。

※ リンク先はDタイプの「Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D」ですが、見た目はいっしょです。

おニューのカメラ

今までニコンのD70sというカメラを使っていたのですが、水槽写真を撮るようになってファインダーに限界を感じていたので思い切って新調しました。2005年5月に購入して以来、酷使を重ねたにも関わらず大きな故障がなかったのはさすがです。

20100328-1280x1280-_DS24769あまり悩まず同じくニコン機のD300sにしました。新しいカメラでうれしい反面、お気に入りのフィルムカメラを何台もドナドナしたのでちょっとおセンチです。(;.;)

20100403-4888x2848-D300s_000138とりあえずおニューのカメラでひょこひょこ寄ってきたヨシノボリを撮っておきました。
クリックすると元の画像サイズ(4,288px × 2,848px)で表示します。いつもはここから長辺を600ピクセル程度にリサイズ → アンシャープマスク適用、という手順を踏んでサーバーに上げてます。

D70sと比べるととってもフォーカスが合わせやすいファインダーです。当ブログに遊泳性の魚の記事が増えそうです。