電設DIY

電気工事士免状をゲットしたので自宅の電気設備をDIYしてみました。

20151206-1280x1280-_DSC6515まずはスイッチをほたるスイッチ(一部はパイロットランプ付き)にしてみました。これで真っ暗闇の中、手探りでスイッチを探すことがなくなります。

20151206-1280x1280-_DSC6519続いて玄関の照明を人感スイッチに置き換えました。玄関空けたら勝手に付いてくれるので、両手がふさがっているときなんかとっても便利です。

 

 

以上で本日の工事は終了。次はコンセントを増やします。

元々付いてた東芝のスイッチ、プレートが大量に余ったので誰かもらってやってください。

三宅島をカシミールスーバー地形で

12265729_10203732688277406_6622589787356798614_o昨年の暮れに歩いた三原山のトラックログをカシミールスーバー地形に重ねてみました。これは楽しい、実際に歩いた微妙な高低差が溶岩流の跡だったのが良く良く判ります。

 

トレッキング前の下調べにはもちろんトレッキング後の酒の肴にも最高です。

『日本の水草』

角野先生の『日本の水草』が手元にきました!内容は同著『日本水草図鑑』のリニューアルと言っていいんではないでしょうか。綺麗なカラー写真が多くて見てて楽しいです。

『日本水草図鑑』が大判の書籍でとても持ち歩ける本ではなかったのですが、本書は(かろうじて)携行できるサイズに収めてもらったのは良いですね。田んぼや川での雑草・水草の同定が捗りそうです。ただ残念なのが『日本水草図鑑』にあった同定チャートがないこと、あれは結構役に立ちました。

ちなみに『日本水草図鑑』は気軽に買える価格ではないので、ずーと古本を探していましたが、ついに手元に来ることはありませんでした。本書の購入で無事、リベンジを果たしたのでした。

材木座海岸のフジノハナガイ

20141019-1280x1280-_DSC2945材木座海岸でフジノハナガイを眺めていたら日が暮れました。波打ち際に集まっている無数の小さな貝なのですが、砂に潜っては次に来た波で洗われてまた潜る、の繰り返しが見てて飽きないのでした。

20141019-1280x1280-_DSC2960

 

 

 

 

20141019-1280x1280-_DSC3001

産まれました

20110316-1280x1280-D300s_002339第一子が産まれました。赤ちゃんも妻も健康、良くがんばってくれました。名前は日本人に親しみのある樹木からいただきました。

20110318-1280x1280-D300s_002357義父に記念になるからと言われて今日の朝刊をとっておくことにしました。東北関東大震災の絶望的な報道の中、赤ちゃんの力強い泣き声に希望を覚えずにはいられません。これからどのような時代になるのか判らないけれども力強く生きていこう。

自作エアストーンスタンド

エアストーンって水槽内ではかなり邪魔な存在です。底砂の上に置いただけだとすぐに埋まってしまうし、かといってエアチューブで吊るすと見苦しいです。ガラス面に近いと音がうるさかったりもします。

20101030-1280x1280-D300s_001403と、いろいろな不満があるのですが全てを解消するべく、こんなもの作ってみました。エアストーンのスタンドです。

作り方は簡単、適当な大きさの板に支柱となるパイプ(内径6mmぐらい)を接着します。パイプに合わせて板の方にも穴を空けて貫通させます。そして上からエアストーン、下からエアチューブをパイプの中で繋いで出来上がりです。下側をL型コネクターにすればチューブが折れてエアーが止まることがないので安心です。

20101030-1280x1280-D300s_001411実際に設置するとこんな感じになります。すでに1年ほど使用してますが良い具合です。(食い散らされて茎だけになったキクモは気にしないでね)

私の知る限り、既製品にはないようですが便利ですよ。水槽レイアウトがとても楽になります。私のオンラインショップで売り出そうかな。