アメリカでプリペイドSIMを使う

アメリカに1週間ほど滞在することになって滞在中の通信環境をどうするか迷ったのですが、端末がSIMフリーのAndroidタブレット(Nexus9)なのでReady SIM※1というプリペイドSIMを利用してみました。このSIMはアメリカ専用ですが事前にamazon.co.jpで購入して持ち込むことができます。

Ready SIMのプランはデータ通信+SMS、または音声通話+データ通信+SMSのどちらかで容量・期間を選択します。音声通話は(アメリカ国内なら)無制限です。

20160424-1280x1280-_DSC8172タブレットで音声通話は不要なのでデータ通信+SMS、1GB・14日間というプランにしました。amazon.co.jpで¥3,000でした。一つのパッケージで3種類(standard、micro、nano)のSIMサイズに対応、必要なサイズで切り出して使います。

以下、実際の使用感です。ラスベガスへのトランジットで立ち寄ったサンフランシスコ国際空港で設定を行いました。

20160424SIMカード(Nexus9はnano)を入れ替えて5分ぐらいで”7850″という番号からSMSが届きます。指示に従ってAPNを設定するとインターネットに繋がってしまいました。設定は”wholesale”という名称で新規にAPNを作るだけ、とっても簡単です。

(ところでNexus9でSMSが送受信ができるんですね、初めて知りました。)

通信品質は速度計測まではしませんでしたが、体感的には日本国内でLTE回線で接続したときと同じような通信速度でストレスは感じませんでした。ちなみに滞在先のラスベガスでは常にLTEで快適です。容量は手段がないので何MB残ったのか判りません。ホテル毎にフリーのWiFiアクセスポイント※2が用意されていてそちらを優先して使うようにしたので、おそらく1GBでも結構余ったと思います。

渡航先がアメリカでSIMフリー端末ならReady SIMが断然おすすめです。参考までにアメリカ・8日間・非LTEでWiFiルーターをレンタルすると¥1万ぐらいになります。当然、荷物も増えるし返却も必要です。

ちなみにアメリカから日本への音声通話はIP、最後の手段でau契約のAndroidスマートフォンで国際ローミングサービスを利用しました。

※1 ZIP SIMという名称に変わりました。

※2 どのホテルでも速度は十分ですがVPNが使えませんでした。

機窓の大パノラマ

飛行機に乗るときは必ず窓側の席で景色を堪能することにしています。今朝の羽田→伊丹は快晴、特に眺めが良かった!

DSC_0854滑走路にまでタキシング中。

DSC_0859羽田を離陸すると東京湾を見下ろしながら上昇していきます。手前にアクアラインの通気抗、遠くに白い富士山です。

DSC_0860あっという間に富士山まで来てしまいました。向こうの白い峰々は南アルプスです。

DSC_0865さらに東に進んで、静岡上空で南アルプス、木曽駒ヶ岳、御嶽山、北アルプスまで一望できました。

最近、山に登ってないなぁ。

三瓶小豆原埋没林公園

島根県は大田市の三瓶小豆原(さんべあずきはら)埋没林公園に行ってきました。

20090815-1280x1280-_DS23858ここは縄文時代に三瓶山の火山活動で埋まった樹木が、現代の水田工事の際にたまたま出てきて展示している所です。正直なところ、あまり期待せず展示施設内に入ると…

20090815-1280x1280-_DS23851圧倒される空間が地下にありました。数本の大木が立っている直径30mの範囲を、当時の地表まで14メートルも掘って展示しています。火山活動による土石流で林が埋まったのは4000年前。今、見ているそのままの状態で巨樹が立っていたんです。

20090815-1280x1280-_DS23843最も樹齢の高いのは約600年のスギで直径2.5m、残っている部分の高さ12.5m。木の状態はとても良いです。朽ちていないので樹皮をさわってもしっかりした感触です。

20090815-1280x1280-_DS238484000年前の鬱蒼とした巨樹の森が目の前にイメージできるのは展示の仕方がうまいからなのでしょう。


ちなみに私は大田市生まれ。縄文時代のご先祖様と同じ景色を見ているのかもしれません。

川湯温泉でいい湯だな!?

和歌山県本宮町の川湯温泉に宿を取りました。何年か前にアフリカツインで来たことがあるのですが、土砂降りだったこともあって公衆浴場に入ったこと以外はあまり憶えていません。

20090607-1280x1280-_DS22510早朝、川に沿って散歩していると川面から湯気が立ち上ってます!ここは川原から温泉が湧いていて適当に掘って湯船を作れば露天風呂になる、なんともワイルドな温泉なのです。先客のおじさんはちょうど湯からあがったところ、私も朝風呂をいただくことにしました。ちなみに川に沿った道路から丸見えなので普通は水着で入るみたいだけど、他には誰もいないし手ぬぐいで隠すだけ (^。^)

源泉はかなり熱いので川の水を引き入れてちょうどいい湯加減にする仕組みです。どちらかというと雰囲気を楽しむ湯ですね。すぐそばの川面で同じ目線で魚が跳ねたり、早起きのトンビが頭上をゆっくり飛んでいたりする露天風呂はあまりないでしょう。

20090607-1280x1280-_DS22511実は私以外にも入浴客がいたのでした。端の方にいて、けして近づいては来ないけれど、かといって余所に行くこともなくて、もしかして狙われている?なんてことを思ったりしてちょっと気になっていました。

20090607-1280x1280-_DS22521私が湯から上がると「待ってました」とばかりにちょうど良い湯加減のあたりに移動してきました。単に順番?を待っていたようです。カモが温泉に入るなんて聞いたことありませんが、けれども確かに気持ちよさそうではありました。

20090607-1280x1280-_DS22522まあ、ペットではないけども…。

美保神社へ初詣

あけましておめでとうございます。今年も拙ブログをよろしくお願いします。

というわけで新年最初の話題は初詣から。今年は鳥取の実家で年を越したのでこちらの神社にお参りしました。あるお目当てもあって島根県美保関町の美保神社まで足を伸ばしたのでした。

20090101-1280x1280-DSC_0166参道には出店が並んでお正月の雰囲気です。みぞれまじりの雨のせいでみな小走りに過ぎていきます。

20090101-1280x1280-DSC_0152早めにお参りをすませて暖をとります。浜松と比べると同じ日本か、というぐらい寒いです。

20090101-1280x1280-DSC_0163お目当ては大漁祈願のお札。美保神社はゑびすさまの総本山で漁業には強いのです。今年は大物に出会えますように。